牧之原市公共施設マネジメントワークショップ・続編

日時:平成27年12月17日(木)13:30〜16:30
場所:牧之原市史料館・2階ホール

第4回に引き続き第5回のワークショップを見学してきました。

今回で最後となる牧之原市公共施設マネジメントワークショップ(対話の場)は、老中・田沼意次ゆかりの展示品のある史料館の2階で行われました。

前回同様、市民と行政職員そして市民ファシリテーターの方々でワークショップを行いましたが、今回も多くの傍聴の方が訪れて100人以上が参加する賑やかなワークショップとなりました。傍聴は地元の市民や市議会議員のみなさん、御前崎市、五霞町のみなさんなどで、実際にワークショップにも参加されました。

5回目ということで、今まで対話の場で出された意見の集大成を行いました。(当日配布資料はこちらです。グラフィックハーベストはこちらです。どちらもPDF書類です。)
ワークショップ1:対話の場のまとめ案について意見交換!(PDF書類
ワークショップ2:対話の場に参加して感じたこと・気づいたこと(PDF書類

この意見を基に、自治基本条例推進会議のみなさんが「施設分類毎の方向性、先導的な施設」について市に答申を行うそうです。市はその答申を基に基本計画を作り、具体的なマネジメントを進めていくとのことです。

今回のようすは写真とワークショップの収穫物(グラフィック・ハーベスト)でご確認ください。

写真集

 グラフィック・ハーベスト