コンセンサス・デザイン・フォーラム2015

日時:平成27年1月14日(水)13:30〜17:30
場所:日本財団ビル・2階大会議室
主催:三菱UFJリサーチ&コンサルティング コンセンサス・デザイン室
後援:日本財団早稲田大学マニフェスト研究所
協力:牧之原市 市民ファシリテーター、茶ミット・(社)サステナビリティ・ダイアログ

コンセンサス・デザイン・フォーラム2015でさいたま市公共施設マネジメント・ワークショップについて事例発表がありました。

プログラム(詳しい内容はこちら、facebookはこちら

1.開会
2.挨拶・趣旨説明
3.基調講演
         ダイアローグと市民自治(仮)
         北川正恭さん(早稲田大学大学院教授)
4.市民コンセンサス・ショーケース(事例発表)
         ①牧之原市  男女協働サロン
         ②氷見市   フューチャーセンター庁舎
         ③女川町   フューチャーセンター
         ④新地町   マイタウンマーケット
         ⑤さいたま市 学校複合化ワークショップ
         ⑥呉高専   co-baづくり
5.パネルディスカッション
  地方創生の本質を問う!『市民コンセンサス』による協働のまちづくり新時代
         パネリスト  西原茂樹さん(牧之原市長)・本川祐治郎さん(氷見市長)・山中光茂さん(松阪市長)
         コメンテーター 北川正恭さん
         コーディネーター 西尾真治さん(三菱UFJリサーチ&コンサルティング コンセンサス・デザイン室 室長)

今回の特徴は、牧之原市の市民ファシリテーターによるワークショップの開催とフォーラム開始から着々と行われたグラフィックハーベスティングです。

フォーラムが進むにしたがってハーベスト(収穫物)がたくさん壁を埋めていきました 。見ているだけで当日のようすを振り返ることができます。

当日のようすはこちらです。外がどんどん暗くなっていくようすもごらんください。